薬のケースを持っている男性

避妊方法をどうしようかと悩んでいるカップルも多いですが、コンドームだけでは不安だと思うのであれば、ピルの服用を検討してみるのもいいでしょう。
だいぶ普及が進んできていますが、それでもまだまだ理解が足りない面も見られます。
ピルを正しく服用し続けていく事で、ほぼ100%に近い避妊効果が得られます。
避妊効果だけでなく、毎月の生理周期を安定化させたり、生理前の不快な諸症状の軽減などにも役立ちますので、女性にとっても喜ばしい効果もあるのです。

日本で一番多く使われているのはトリキュラーという避妊ピルになります。
基本的には病院で診てもらってから処方してもらうものになりますので、使うか使わないかは別として、一度婦人科やクリニックに出かけてみるといいでしょう。
定番のトリキュラーを処方される事が多くなりますが、どんな風に飲むのかなど初めての場合は分からない事もたくさんあるので、しっかりと内容を理解してから服用する事をおすすめします。

どうしてトリキュラーを始めとした避妊ピルの方が良いのかということですが、コンドームについても完全な避妊ができるものではないと覚えておきましょう。
きちんと正しく装着して失敗率が3%、そうでない場合には14%ぐらいの失敗率となっています。
避妊ピルに関しては正しく飲み続けていく事で0.3%ほどとかなり低くなっていきます。
飲み忘れなどがあった場合でも大体8%前後とこれも約半分ぐらいの確率となります。
この数字だけを見ていても分かりますが、もっと確実に避妊をしたいと思うのであればトリキュラーを始めとした避妊ピルの使用は有効と言えます。
男女共に望まない妊娠をしないために、避妊ピルを使うという選択肢もあるのだと覚えておいて下さい。